それにしても・・・・ 「何センチだったと思う?」 「ゼロ・・たぶん3センチくらい?」 ガードレールとの隙間のことだ。我々は顔を見合わせてしまった。 今のは完璧に常識を逸脱している。早い話がイカレてる。 「ははは、アタマおかしーぜ!」 我々も、おかしくなった(笑) その後の結婚相談所はもうお祭り騒ぎ。 ギャラリーに巻き込まれ、バカの一員になった我々は、 次々とコーナーに切り込んでくる鉄の塊たちに声援を送り続けて 叫びまくった。 ここまでくると、死亡事故の看板すら 手や足をかける街路樹程度にしか感じない。 もしそこに幽霊がいても、完全シカト状態だ。 不謹慎と気づいて反省したのは実際、翌日だった。 これでは幽霊も浮かばれない。 そんなこんなで大騒ぎをしていた我々は、不覚にも 追跡者が目前まで迫っていたことに気がつかなかった。