公園自体の桜は、正直言って広さ・本数とも花見スポットとしてはそれほどのものではないのですが、早咲きの珍しさもあり、大勢の花見客でにぎわっていました。

最近の各地の観光名所と同じく、ここでも驚いたのは外国人観光客の方の多さです。言葉からみて、中国、東南アジア、フランスやアメリカからも来ているようです。
修善寺の記事でも書きましたが、こんなマイナーな結婚相談所の観光スポットをいったいどこで調べてくるのでしょうか。

散策が趣味で、ここ小松ヶ池公園にも10年以上前に訪れたことがあります。夏場の時期で、地元のヘラブナ釣りの人以外は訪れる人もない本当に静かな場所でした。
そんな誰も知らなかった何の変哲もないため池が、桜のおかげで海外にも知られる観光スポットに変貌したわけですから、観光資源としての桜の威力は大したものであります。屋台のりんご飴や焼きそばを食べながら桜をバックに自撮りにいそしむ外国人の皆さんを眺めながら、たいそう感心したのでありました。