雇用は男女平等になったにも関わらず、結婚制度は主婦型結婚を強く引きずったねじれ構造になっているので、本当に平等にしたいのか、男尊女卑を維持したいのか、男尊女卑が制度的に残っているから意図的に女性側に下駄を履かせて贔屓するつもりなのか、常にブレる。

制度が矛盾をはらんでいてブレやすいので、そこに乗っかる個人も状況によってブレたり矛盾したりダブルスタンダードになりやすく、どちらの性別からしても、そんなつもりじゃなかったとか、話が違うとか、結婚したら人が変ったとかの揉め事になりやすい。

現状、結婚相談所でしなくても女性は取りあえず自分一人なら食っていけるようになったし、男性も妻に依存しなくても家事で決定的に困ることはなくなったので、面倒な負担や義務が増えるぐらいならしなくて結婚はイイかという方向になってきている。